0223

近況報告。

『パラサイト』を見た。1回目は一人で、2回目は気の知れる知人と。
とても面白かったし、単なる社会問題を描いた作品と片付けられない、一筋縄ではいかない映画だと思った。『ジョーカー』を見た後のような気分の悪さもなかった。

知人を呼びつけたのは、映画の感想を聞くためというのに加えて、マッチングアプリ用の写真を撮影してもらうためだったのだが、結局撮った写真を使うことはなく、マッチングアプリは削除した。

それとは全く関係なく大学の組織に入ったりした。これはサークルではないので、「サークル(サークルではない)」と呼んでいる。活動についてインターネットで言及することは控えたいと思う。

ともかく、そのような形で、自分から同じ大学の人に声をかけられるようになったというのは大きな変化だ。
自分語りをする。高校の最後の1年半くらいで対人恐怖が身についてしまい、同世代の人との交流が持てなくなった。それは大学に入ってからも続き、サークルに入ることはなかった。
最初に転機が訪れたのは、声優イベント、ないし声優ファンのコミュニティだったと思う。そこでは、社会人も、高校生も、ニートも、みな「オタク」だったのが良かった(「無知のベール」?)。
それから、プログラミングのアルバイトを始めて、また違った人達と交流するようになった。アルバイトは、自分が仕事をすることで、組織に役割を果たしているという感覚が一番強く持てるというのもあるが、社員の方々がコミュニケーションの場作りを積極的にしていらっしゃるというのが大きいと思う。
そして、今のTwitterアカウントのFFも、元はというと、読書メーターを通じて、高森さん、ジエチルさん辺りに知り合ったのが始まりだ。思えば、結構な日月が過ぎたかもしれない。
皆さんいつもありがとうございます。

コミュニケーションに対する心理的負担は、何歳になっても取れないものだけど、コミュニケーションを取るチャンネルを増やすことによって、少しでも負担を分散していけたらなあと思う。

明日は簿記3級を受ける。